【回向院】カラー御朱印(東京都)

東京都墨田区両国にある回向院に参拝です。明暦の大火(1657年)の焼死者10万8千人を葬った万人塚が始まりとのこと。のちに安政大地震をはじめ、水死者や焼死者、刑死者などの無縁仏も埋葬されているそうです。

大日本相撲協会が、歴代相撲年寄の慰霊の為に建立した力塚です。

万霊供養塚の上に立つ新しい風をイメージして平成14年に安置された、聖観世音菩薩立像です。

動物供養塔の前に建つ、2匹の猫の像。さまざまな動物の慰霊碑、供養碑、ペットの墓も多数あります。

今年よりデザインが変更された、「本尊・阿弥陀如来」の御朱印です。冬季(10月~3月)が銀色水玉、夏季(4月~9月) は金色水玉に変わるそうなので、夏季に再訪したいところです。「諸宗山回向院」の印もモダンなデザインのロゴに変更されておりステキです。水玉模様は、阿弥陀さまの光を表現しているそうですよ。