【東寺】限定御朱印・限定御朱印帳・夜間拝観(京都府)

東寺の夜間拝観は初めてです。東山や嵐山の寺院に比べると空いているので、見やすいですね。

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの対象寺院になっているので、ポスターもよく見かけます。

京都のシンボル、国宝五重塔は、どこから見ても絵になります。木造の建築物としては、日本最大だそうですよ。

金堂と講堂もライトアップされ、紅葉とあいまってキレイです。

堂内の拝観もできるので、国宝や重要文化財のたくさんの仏像も見ることができます。特に講堂には21体の仏像が安置され、立体曼荼羅と称されています。

限定御朱印帳を購入すると、「梵天」と「帝釈天」があらかじめ書かれてます。それぞれ、金と銀の梵字の印が入っています。

夜間拝観限定の限定御朱印帳は小さいタイプで、ビニールのカバーが付いています。御朱印込みで2500円です。

奈良では平城京の復元が進んでいますが、京都も西寺と羅城門を復元して、東寺と並び立つところを見てみたいものです。