【泉涌寺と塔頭寺院】泉山七福神巡り(京都府)

毎年、成人式の日に開催されている、泉涌寺と塔頭寺院を巡る「泉山七福神」に参加してきました。

番外2箇所を含む9箇所の寺院を、福笹に付ける吉兆(縁起物)と朱印をいただきながら巡ります。

◼️第一番 即成院(福禄寿)

ここで福笹をいただいて、各寺院で吉兆(縁起物)をいただきながら巡ります。

色紙も1,000円で購入しました。

◼️第二番 戒光寺(弁財天)

ふくよかな弁天さんがご開帳されていました。

小豆粥が振舞われていました。初めていただきましたか、小豆の風味がアクセントになっていて、とても美味しかったです。

◼️番外 新善光寺(愛染明王)

◼️第三番 今熊野観音寺(恵比寿神)

こちらでは、こぶ茶が振舞われていました。寒い体にしみていきます。

◼️第四番 来迎院(布袋尊)

◼️番外 泉涌寺(楊貴妃観音)

泉涌寺の仏殿です。

◼️第五番 雲龍院(大黒天)

凛々しい大黒さんがご開帳されていました。

お寺のお子さんらしき子が大黒さんの衣装を着て、お菓子を振舞っていました。

泉涌寺の大門です。

◼️第六番 悲田院(毘沙門天)

泉涌寺に塔頭のなかで、唯一ここから市内を一望できるんですよね。

あいにくの天気でしたが、ほっと一息しました。

◼️第七番 法音院(寿老人)

こちらで寿老人の朱印をいただいて、満願成就です。

普段の日に御朱印巡りをする際も、このルートはとても効率がいいと思います。ただ、普段は御朱印対応されていない寺院もあるので、事前にご確認ください。

七福神の色紙は、印刷の墨書きに朱印だけ押してもらう方式ですが、全部揃うとステキですね。

完成した福笹です。今年一年、無事に過ごせますように。