【無量光寺】御朱印・時宗旧大本山(神奈川県)

神奈川県相模原市にある、時宗の旧大本山「無量光寺」に参拝です。

当寺は「 踊り念仏 」を広めた一遍上人が修行に励まれた場所で、「根本道場」と呼ばれていました。一遍上人の高弟「他阿真教」の後をうけた3世他阿智得が亡くなると、真教の弟子、有阿恵永(後の呑海)が当麻に入ろうとしますが、執権北条高時の支持を得た智得の弟子内阿(他真光)がすでに相続していたため、藤沢に移り清浄光寺(遊行寺)を開山したとされています。

「 當麻山無量光寺 われは来て 鐘をつくなり 父ははおもいて」 槙田正子の歌碑。

本堂に安置されている一遍上人御影の像は、10月23日とお正月の年に2度だけ公開されているそうです。

ご本尊「一遍上人」の御朱印です。

次回はぜひ御開帳の日に再訪したい寺院です。