【随心院】限定御朱印・夜間拝観(京都府)

京都市山科区にある、小野小町ゆかりの寺「随心院」の夜間拝観に行ってきました。

平日の遅い時間だったためか、途中から貸し切り状態になってしまいました。ゆっくり観ることができるのはいいのですが、少し寂しいですね。

写経をする方も多く、昼間の方が人が多い気がします。

左は、小野小町の有名な歌の歌碑です。

花の色はうつりにけりないたづらに
我が身我が身世にふるながめせし間に

と書かれています。

右は蓮弁祈願用の水瓶です。蓮の花弁を形どった和紙に願い事を書き水瓶に浮かべると、水に溶けることで祈願成就するそうです。

本堂前の広い庭には一面に大杉苔が広がり、紅葉とのコントラストがキレイです。

小町堂は、女性専用の納骨堂だそうです。そのような需要もあるんですね。

小野小町井戸にて一身上人が雨を祈った時の本尊石だそうで、梵字が彫られています。

深草少将百夜通いの際、日を数えるために使った榧の実だそうです。

立派な庫裡です。奥にはミス小野小町の候補者の写真と投票箱がありました。

11月17日から12月3日まで開催されている小町祭の限定御朱印です。数量限定とのことですので、お早めに。

ほかにもオリジナル御朱印帳やかわいい絵馬などがあり、女性には人気がありそうですね。