京都市中心部

◼東寺(京都市南区)

★東寺真言宗 総本山

東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、京都の代表的な名所として存続している。

真言宗の開祖「弘法大師(空海)」のご朱印。

講堂に安置されている「大日如来」のご朱印。

金堂に安置されている、ご本尊「薬師如来」のご朱印。

◼本能寺(京都市中京区)

★法華宗本門流 大本山

本能寺は、当初は「本応寺」という寺号で、応永22年(1415年)、京都油小路高辻と五条坊門の間に、日隆によって創建されたものである。天正10年6月2日(1582年6月21日)、明智光秀の率いる軍勢に包囲されるという本能寺の変が起きて、その際の兵火で堂宇が焼失した。天正19年(1591年)、豊臣秀吉の命で、現在の寺域(中京区下本能寺前町)へと移転させられた。

法華経を指す「妙法」のご朱印。

◼矢田寺(京都市中京区)

★西山浄土宗

矢田寺は平安時代初期の弘仁13年(822年)、天武・持統両天皇の勅願所として、「あじさいの寺」で有名な奈良の矢田寺の別院として建てられた。もとは五条坊門付近にあり、その後は火災によって下京区矢田町に移転。さらに安土桃山時代の豊臣秀吉による区画整理で、北側にある本能寺とともに現在地に移された。

矢田寺の通称「矢田地蔵尊」のご朱印。

◼安養寺(京都市中京区)

★浄土宗西山禅林寺派

ご本尊の阿弥陀如来の蓮華の台座が逆さまになっているところから、倒蓮華寺(さかれんげじ)と呼ばれている古い由緒をもつ寺である。 伝えによると平安中期の寛和年間に恵心僧都(源信)が今の奈良県當麻(たいま)に建てた華台院は当寺の始まりという。 華台院は恵心僧都の妹、安養尼にひき継がれて安養寺と名を改め、平安後期に京都に移された。

ご本尊の「倒蓮華阿弥陀如来」のご朱印。

◼永福寺(京都市中京区)

★浄土宗西山深草派

養和元年(1181年)室町の林秀が、比叡山の御本尊薬師如来の夢告により与えられた伝教大師が彫られた石仏の薬師如来をおまつりした六間四面の堂を作り、永福寺と名付けられたのが始まりとされる。善光という僧が、戒めに背き、病気の母親に好物のタコを買う孝行譚に由来し、本尊薬師如来は蛸薬師の名で知られる。

ご本尊の「蛸薬師如来」のご朱印。

信心深く心がけのよい若者を、お地蔵さんが鯉に姿を変えて助けたといわれるようになったという逸話に因んだ「鯉地蔵尊」のご朱印。

◼頂法寺(京都市中京区)

★天台宗

本堂が平面六角形であることから、一般には「六角堂」の通称で知られる。華道、池坊の発祥の地としても知られる。

◼壬生寺(京都市中京区)

★律宗 大本山

ご本尊は地蔵菩薩、開基は園城寺(三井寺)の僧快賢である。中世に寺を再興した融通念仏の円覚上人が創始したとされる「大念仏狂言」を伝える寺として、また新選組ゆかりの寺としても知られる。古くは地蔵院、宝幢三昧寺、心浄光院と号した。

ご本尊の「地蔵尊」のご朱印。

ご朱印の「歯薬師」は、古来より阿弥陀堂の脇仏として祀られている。

壬生寺の塔頭である中院のご本尊 十一面観音菩薩に因んだご朱印「大悲殿」。

◼廬山寺(京都市上京区)

★圓浄宗

廬山寺は天台系の単立仏教寺院で圓浄宗の本山。紫式部の邸宅跡として知られる。

元三大師堂のご本尊「元三大師」(良源)のご朱印。

紫式部邸宅跡に因んだご朱印「紫式部邸宅址」。

廬山寺の洛陽観音霊場のご本尊「如意輪観音」は、聖徳太子開基、金山天王寺のご本尊である。

◼宝蔵寺(京都市中京区)

★浄土宗西山深草派

弘法大師空海の創立と伝えられる。その後、文永6年(1269)如輪上人により元西壬生郷に開基される。 弘安2年(1279)に如輪上人が遷化、天正9年(1581)玉阿律師が中興再興された。 玉阿律師は天正18年(1590)に遷化、天正19年(1591)に現在地に移転した。伊藤若冲が建立した伊藤家祖先の墓がある。

ご本尊に因んだご朱印「阿弥陀如来」。

伊藤家の菩提寺に因んだご朱印「若冲」。

◼佛光寺(京都市下京区)

★浄土真宗 真宗佛光寺派 本山

京都渋谷に寺基があった頃は、同じ浄土真宗の本願寺をしのぐ勢力があった。寺伝によると、親鸞は赦免の翌年の建暦2年(1212年)に京都に帰り、山城国山科郷に一宇を創建し、順徳天皇より聖徳太子にまつわる「興隆正法」の勅願を賜り、「興隆正法寺」と名づけた。これが後の佛光寺で、親鸞はこの寺を弟子の真仏にまかせ、その後、阿弥陀仏の本願をひろめるため関東行化に旅立ったとされる。

ご朱印の「摂取不捨」仏がこの世の衆生、生きているものすべてを見捨てず、仏の世界に救い上げるの意味。

2017年秋の限定ご朱印「平等覚」は阿弥陀仏の異名。

◼大福寺(京都市中京区)

★天台宗

本尊の菩提薬師如来は聖徳太子 の作といわれ,京都十二薬師の一つである。朝家の尊信極めて篤かったが、天明の大火(一七八八年)で炎上し、今はわずかにその面影をとどめるばかりである。 幕末には勤王の志士である梅田雲濱が境内に仮住まいをして妻を迎えている。

ご本尊のご朱印「菩提薬師」。

秋の限定ご朱印「清風萬里秋」。

京都七福神のご朱印「ほていそん」。

29日限定ご朱印「福聚海無量」。

梅田雲浜が仮住まいしていたことに因んだご朱印「梅田雲浜」。