京都東山(中部)

◼建仁寺(京都市 東山区)

★臨済宗建仁寺派大本山

「拈華堂」は建仁寺の法堂で、天井画には小泉淳作による「双龍図」が描かれている。

◼久昌院(京都市 東山区)

★臨済宗建仁寺派(建仁寺 塔頭寺院)

「高松軒」は、庭園の奥に位置する書院。奥平家の菩提寺で、奥平家の家紋が押印されている。

「薬師如来」は久昌院のご本尊で、徳川家康の娘 亀姫の念持仏だったとのこと。

◼霊源院(京都市 東山区)

★臨済宗建仁寺派(建仁寺 塔頭寺院)

秘仏「毘沙門天」のご朱印。

一休さんのご朱印。霊源院の僧には室町時代の五山派の代表的学僧が多く、大徳寺の一休宗純が幼年、師のもとで作詩の法を学んだ事は有名。

霊源院境内にある、新緑の枯山水庭園「甘露庭」のご朱印。初夏から梅雨にかけて咲く甘茶の青く美しい花が台紙となっている。

◼両足院(京都市 東山区)

★臨済宗建仁寺派(建仁寺 塔頭寺院)

「照顧」とは「照らし顧みよ」「よく見よ」という意味。禅寺ではよくみかける「脚下照顧」は「足元をよく見よ」という意味で、すなわち、他ならぬ「自分自身をよく見よ」という教えとのこと。

 

◼清水寺(京都市 東山区)

★北法相宗大本山

「大悲閣」の「大悲」はご本尊の観音様のお心を表しており、「閣」と御堂、建物を表している。

 

◼青蓮院門跡(京都市 東山区)

★天台宗

「熾盛光如来」は当寺院のご本尊。青蓮院門跡は、三千院、妙法院と共に天台宗の三門跡寺院とされている。

「青不動」は日本三大不動の一つで、現在は将軍塚の青龍殿奥殿に安置されている。

◼知恩院(京都市東山区)

★浄土宗総本山

浄土宗の開祖「法然上人」のご朱印。

「勢至菩薩」

もともとご本尊であった法然上人のご尊像(御影)が現在の御影堂に移されたため、上人の本地身(ほんじしん)とされる「勢至菩薩」がご本尊とされるようになった。

「天樹院」は徳川家康の孫娘「千姫 」が亡くなられて350年にあたることから、千姫の戒名にちなんで授与された平成28年の限定ご朱印。

御影堂ができたために住家を追われたキツネが、知恩院第三十二世雄譽霊巌(れいがん)上人にお願いし、代わりに用意してもらったのが、この「濡髪大明神」とされる。平成29年の限定ご朱印。

◼六道珍皇寺(京都市東山区)

★臨済宗建仁寺派

8月7~10日の六道詣り、小野篁が冥界に通ったと伝わる井戸で知られる。平成23年のお盆頃、隣接民有地(旧境内地)から冥土よりの帰路に使ったと伝わる「黄泉がえりの井戸」も発見される。通称「六道さん」で、この付近が「六道の辻」であるとされる。

ご本尊「薬師如来」のご朱印。

ご朱印の「醫王殿」は、ご本尊である薬師如来を祀るお堂の意味。

◼金剛寺(京都市東山区)

★天台宗

金剛寺の通称は八坂庚申堂。大阪四天王寺庚申堂、東京入谷庚申堂(現存せず)とともに日本三庚申の一つとされている。ご本尊の青面金剛は飛鳥時代に中国大陸より渡来した秦氏の守り本尊であった。

ご本尊の青面金剛に因んだ「庚申尊」のご朱印。

◼大雲院(京都市東山区)

★浄土宗

天正15年(1587年)、正親町天皇の勅命を受けるという形で、貞安(じょうあん)を開山として、織田信長の子信忠の菩提を弔うために、信忠が討たれた二条御所跡(烏丸御池)に創建したのが初めで、大雲院という寺院名は、信忠の法名からつけられた。

「京の夏の旅」の特別公開でいただいた、ご本尊の阿弥陀如来に因んだご朱印「弥陀佛」。