北陸地方

◼永平寺(福井県吉田郡永平寺町)

★曹洞宗大本山

永平寺は、總持寺と並ぶ日本曹洞宗の大本山。「承陽殿」は開山道元の廟で、道元以下第5世までの住職の像が安置されている。

◼明通寺(福井県小浜市)

★真言宗御室派

大同元年(806年)、坂上田村麻呂によって創建されたと伝えられる。本堂と三重塔は国宝に指定されている。

ご朱印は、ご本尊の薬師如来に因んだ「醫王殿」。

重要文化財の木造不動明王立像に因んだご朱印「不動明王」。

国宝・三重塔に安置された釈迦三尊像に因んだご朱印「釈迦如来」。

◼神宮寺(福井県小浜市)

★天台宗

東大寺二月堂への「お水送り」が行われる寺として知られる。元正天皇の勅願により奈良時代は和銅7年(714年)、若狭国一の宮(若狭彦神社)の神願寺として泰澄大師の弟子沙門滑元による開創されたと伝わる。

ご朱印は、ご本尊の薬師如来に因んだ「瑠璃光千手殿」。

◼若狭国分寺(福井県小浜市)

★曹洞宗

奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、若狭国国分僧寺の後継寺院にあたる。

ご朱印は、ご本尊の釈迦如来の尊称「釈迦牟尼仏」。

◼妙楽寺(福井県小浜市)

★高野山真言宗

養老3年(719年)行基が本尊を彫り、延暦16年797年空海が再興したと伝えられているが、羽賀寺の縁起により名田を寄進されてもいるので、建立の起源は定かでない。

ご朱印はご本尊の千手観音菩薩に因んだ「千手大悲殿」。

◼萬徳寺(福井県小浜市)

★高野山真言宗

当山の前身は極楽寺といい、文永2年(1265年)の若狭惣田数帳に存在が記されている古刹である。安土桃山時代は慶長7年(1602年)に寺号は萬徳寺と改められ、江戸時代は延宝5年(1677年)に小浜藩主酒井氏の命により音無川の岸から現在の山麓に寺地を移された。

ご朱印は「無量寿如来」。

若狭観音 霊場第16番札所の御朱印「馬頭観世音」。