遠州三山風鈴まつり【法多山・油山寺・可睡斎】限定御朱印(静岡県)

静岡県袋井市の遠州三山で8月31日まで開催されている「風鈴まつり」に行ってきました。

まずは法多山尊永寺です。高野山真言宗の別格本山で、最盛期には60余の子院を有していたそうです。境内は広く、往時が偲ばれます。

納札所のにはたくさんの風鈴が。ほどよい風もあり、暑さも和らぐ気がします。

ご本尊の正観世音菩薩い因んだ「大悲殿」のご朱印です。

次に訪問したのは油山寺。山門は、なんと元掛川城大手門だそうです。お城の門が利用されているのは珍しいですね。油が湧出したことから油山寺と名付けられたそうです。

方丈の軒下にいろいろな風鈴が飾られていました。

ご本尊の薬師如来に因んだ「瑠璃光」のご朱印です。

風鈴まつりの限定御朱印「風天」です。

最後は可睡斎です。徳川家康公が名づけた古刹で、現在は曹洞宗の修行道場として多くの修行僧が修行をされています。

位牌堂の前には2体の象さんが鎮座しています。

ここの風鈴はとにかく量が多い。たくさんの方が写真や動画を撮影されていました。

拝観料を支払って本堂にお参りした後、庭園で風鈴の赤富士を見ることができます。赤富士は縁起がいいそうなので、何かいいことあるといいな。

拝観すると、冷やしぜんざいと冷茶がいただけます。

秋葉山より、秋葉三尺坊大権現が遷座されたことによる「秋葉総本殿」のご朱印です。

風鈴まつりの限定御朱印、青い「三尺坊」です。